知っておきたいカジノ用語集

カジノでは、運任せで賞金を獲得できるゲームもありますが、全てのゲームがそうであるとは限りません。カジノマスターとして、ゲームをプレイするためには何事も運任せにはしない、カジノで使われる専門用語やスラングを熟知している必要があります。カードが出るたびにディーラーに「これとこれはどういう意味ですか」と聞いていたら、他のプレイヤーの前で恥ずかしい思いをしてしまいます。ゲームのやり方を知らない人だと思われ、ゲームで不利になってしまうこともあるでしょう。この記事では、カジノのゲームをプレイするために必要なカジノ用語をご紹介します。

カジノ従業員の名前と役割

最初にご紹介するのは、クルーピアーです。クルーピアーとは、プレイヤーにルールを説明し、賭け金を受け、賞金の支払いを担当する人のことです。そして、ディーラーとは、上記の仕事に加え、カードをプレイヤーに配り、ブラックジャックやポーカーをプレイするテーブルでゲームを仕切る人です。一方、クルーピアーはルーレットなどのゲームにいることが多いです。

入口で車を停めてくれるのはジャックと呼ばれる人です。また、スロットマシンに問題がある場合は、スロットマシンアテンダントに声をかけるといいでしょう。 その他、ウェイター、バーテンダー、セキュリティーなど、ほとんどの仕事は皆さんもご存知かと思います。初めてカジノを訪問する場合は、これだけ知っていれば十分です。ぜひ楽しんでください。

カジノ用語

さて、カジノ従業員の名称を理解したところで、ゲーム用語に移りたいと思います。一人のギャンブラーが持ち歩くお金の総額、ギャンブルに使うための予算をバンクロールと呼びます。

それぞれのゲームで置く賭け金をベットと呼びます。また、賭け金額の混同を防ぐために、バック(buck)は1ドルではなく、100ドルを意味します。カジノ英語に慣れていない人は勘違いしないようにしましょう。また、ダイム(dime)という単語も10セント硬貨ではなく、1000ドルを意味するので要注意です。スキン(skin)やスコーン(Skoon)は1ドルの呼び名です。ダーティーマネーは、ゲームで負けた時の損失額で、ディーラーが回収します。

お金の代わりに、チップを使うゲームもあります。これらはカラフルで小さな円盤の形です。カジノではそのチップは本物のお金と同じ価値があり、1ドルは1枚のチップ、20ドルは20枚の20チップに換算されます。

カジノの規定に反する行動を取っている人、未熟なプレイヤーを示す用語もあります。それがハンディキャッパーで、ゲームのルールを知らないにもかかわらず、賭け続ける人のことです。ゲームでずっと負け続ける人は、フィッシュと言われ、ピジョンは、明らかにゲームを理解していない人を表す用語です。

この他にもカジノ用語はたくさんあります。まずは、これらの用語を覚えてから新しい用語を覚えるといいでしょう。